屋根を歩いていた時に左足を挫いて負傷したケース
【一人親方の労災事故】

労災概要

屋根を歩いていた時に左足を挫いて負傷したケース

職種

電気・通信工事

労災発生状況

平成29年6月17日、建設会社より請け負った商業施設内のビルの屋根にプロジェクターの電源増設工事において、高さ15mほどの屋根の上で作業をしていた際に、屋根の形状が蛇腹のため足場が悪く歩いていた時に左足を挫いて負傷した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出
  • 療養(補償)給付たる療養の療養を受ける指定病院等(変更)届を医療機関を経由して提出(転院のため)

一人親方の労災保険に加入して1か月目の事故