端太角の角部に右足膝下があたり負傷したケース
【一人親方の労災事故】

労災概要

端太角の角部に右足膝下があたり負傷したケース

職種

鉄筋工事

労災発生状況

令和1年6月17日午前11時45分頃、空港跡地整備事業新築工事にて、建設会社から請け負った鉄筋工事の際、配筋された上部(高さ約1m30cm・安全帯着用)に立ち、小梁配筋作業をするため足元の梁底の端太角(10㎝角・長さ約30cm)に右足を掛けたが固定されてなかったため、端太角と共に右足が落下。端太角の角部に右足膝下があたり負傷した。仕事を中断しすぐに病院を受診した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出
  • 療養(補償)給付たる療養の療養を受ける指定病院等(変更)届を医療機関を経由して提出(転院のため)
  • 休業(補償)給付支給請求書を提出

一人親方の労災保険に加入して2ヵ月目の事故