脚立から転落して負傷したケース
【神奈川県一人親方の労災事故】

労災概要

脚立から転落して負傷したケース

職種

電気・通信工事

労災発生状況

令和3年11月25日午後14時頃、I大学H本館改修工事にて、T株式会社から請け負った電気設備工事での配管配線工事中、9尺の脚立の6尺部分(高さ約180cm)で、PF官(3.5m)立ち上げて固定する作業をしていた。気が付いた時には搬送される手前の状態だったが、脚立から落ちて頭や右肩を打ち、衝撃で事故時の記憶を失っており、なぜ脚立から落ちたのかは覚えていない。(作業責任者のT氏が救急車を呼び、病院へ搬送され受診した)

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出
  • 療養(補償)給付たる療養の療養を受ける指定病院等(変更)届を医療機関を経由して提出(転院のため)
  • 休業(補償)給付支給請求書を提出

一人親方の労災保険に加入して1年5カ月目の事故