管台とパイプに左手の小指が挟まり負傷したケース
【愛知県の一人親方の労災事故】

労災概要

管台とパイプに左手の小指が挟まり負傷したケース

職種

管(配管)・ダクト工事

労災発生状況

令和3年10月25日午前9時頃、株式会社Hにて、同会社から請け負った、T株式会社工場内で11月10日頃に行う配管工事の事前準備の為、配管加工作業をしていた。工場内~外部への梁上300A排気配管に使用する、配管300Aティグ溶接で仮止め時、管台に乗せた際に管台が斜めになっており不安定だったので、まっすぐに戻そうとした瞬間、管台が滑りパイプが落下。管台とパイプに左手の小指が挟まり負傷した。作業を中断し、すぐに病院を受診した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出

一人親方の労災保険に加入して2年5カ月目の事故