移動式梯子からコンクリート地面に落下して負傷したケース
【京都府の一人親方の労災事故】

労災概要

移動式梯子からコンクリート地面に落下して負傷したケース

職種

電気・通信工事

労災発生状況

令和3年9月13日午後15時頃、N通信会社にて同社から請け負った電気工事の際、2階機械室にて、移動式梯子の下から3段目(高さ約50㎝)に立ち、上部を見上げながら高さ約2mの位置にある電気信号端子から別の電気信号端子へ配線を繋ぐ作業中、誤ってバランスを崩し背中から仰向けの状態でコンクリート地面に落下。特に後頭部(ヘルメット着用)・左手・恥骨を負傷した。作業を中断して帰宅。鎮痛剤を服用して安静に過ごし、翌日病院を受診した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出
  • 休業(補償)給付支給請求書を提出

一人親方の労災保険に加入して1年11カ月目の事故