梯子から地面(土)に落下して負傷したケース
  【埼玉県の一人親方の労災事故】

労災概要

梯子から地面(土)に落下して負傷したケース

職種

家具・建具工事、住宅設備工事、電気・通信工事、塗装工事

労災発生状況

令和3年8月14日午後16時頃、M様邸にて、有限会社Hから請け負った住宅設備工事でのエアコン設備工事作業中、外壁(高さ約2.4m)へ配管カバーの取付確認のために伸縮式梯子(アルミ製・全長約2.4m・幅約46㎝)を使い、下から3段目(高さ約90㎝)まで上がった瞬間、突然梯子留め具が下がり、バランスを崩し足を滑らせた瞬間右膝を捻り、仰向けに地面(土)に落下。特に右膝・腰・臀部を負傷した。痛みをこらえながら作業終了まで作業をして帰宅。当日は湿布薬を貼付し、翌日になると痛みが増したため鎮痛剤を服用して安静に過ごし、日曜日で休診のため8月16日病院を受診した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出
  • 休業(補償)給付支給請求書を提出
  • 障害(補償)給付支給請求書を提出

一人親方の労災保険に加入して3か月目の事故