コンクリートの地面に後ろから転倒し、仙骨を負傷したケース
  【一人親方の労災事故】

労災概要

コンクリートの地面に後ろから転倒し、仙骨を負傷したケース

職種

建築工事

労災発生状況

令和3年3月2日午前8時頃、建設会社から請け負った建築工事での、事務所車庫修繕工事の段取りをしている際、溶接作業で使用する酸素瓶(高さ150cm、60kg)を抱えた状態で足が縺れてその勢いでコンクリートの地面に後ろから転倒し、仙骨を負傷した。当日はそれほど痛みが強くなかった為そのまま作業を続けたが、段々と痛みが増してきた為、翌々日に病院を受診した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出
  • 休業(補償)給付支給請求書を提出

一人親方の労災保険に加入して1年11か月目の事故