鉄粉が噴出して顔にかかり、両目を負傷したケース
  【一人親方の労災事故】

労災概要

鉄粉が噴出して顔にかかり、両目を負傷したケース

職種

管(配管)・ダクト工事、機械器具据付工事、電気・通信工事

労災発生状況

令和2年11月19日午後16時15分頃、建設会社から請け負った見積後正式請負契約予定の電気会社でのグローブボックス設置時の配管工事の見積作業の際、グローブボックスのバルブ・配管内の状態を確認する為、目の高さの位置にあったバルブを右手で取り外した瞬間、鉄粉が噴出して顔にかかり、両目を負傷した。作業を中断し、すぐに病院を受診した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出

一人親方の労災保険に加入して1か月目の事故