足場から落下して負傷したケース
  【一人親方の労災事故】

労災概要

足場から落下して負傷したケース

職種

外壁・サイディング工事

労災発生状況

令和2年10月21日午後16時50分頃、A氏邸にて、建設会社から請け負ったサイディング工事の際、組んでいる足場の脇(外側)を移動していたと思われ、日も暮れていたこともあり、側にあった側溝(コンクリート製、落下防止の蓋ナシ、水ナシ)に誤って、後頭部・背中・腰・足を打撲しているため仰向けに落下したと考えられる。特に、後頭部(ヘルメット着用)を強打した。作業を中断して病院を受診した。(落下時の時間・状況は記憶がないため詳細不明)

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出

一人親方の労災保険に加入して2年7か月目の事故