車の運転中に後輪がスリップしガードレールに激突して負傷したケース
  【一人親方の労災事故】

労災概要

車の運転中に後輪がスリップしガードレールに激突して負傷したケース

職種

電気・通信工事

労災発生状況

令和2年10月19日、建設会社から請け負った小学校での電気・通信工事において、午後12時10分頃、自家用車(軽四輪貨物車)で自宅を出て現場に向かう途中、高速道路下りを時速80キロで走行中、前方の緩やかなカーブ手前で減速した際、雨で路面が濡れていたため道路の継ぎ目あたりで後輪がスリップし、車体制御不能となり右中央分離帯に激突、勢いそのままに複数回横転しながら左側ガードレールに激突し停止。体を強く打ったことにより複数箇所骨折し、救急搬送された。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出
  • 休業(補償)給付支給請求書を提出

一人親方の労災保険に加入して2年5か月目の事故