左肩にハサミが刺さって負傷したケース
  【一人親方の労災事故】

労災概要

左肩にハサミが刺さって負傷したケース

職種

管(配管)・ダクト工事

労災発生状況

令和2年9月19日午後14時頃、駅前駐車場にて、建設会社から請け負った、芝公園ファーストビル空調更新工事ダクト工事(東京都港区芝3-8-2)のダクト工事終了後、社用車(1BOX車)のバッグドアより道具の積み込み作業をしていた際、車の荷室の奥に乗り込んだ同業者B氏が、荷室の中程に置いてあった道具ケース(高さ20㎝強)を3段積んだ上(地上高1.5m位)に、布製の手道具入れを置き、B氏が振り向いた拍子に身体が道具ケースに当たって荷崩れを起こし、手道具入れに刺してあったステンレス製のハサミ(全長28cm 刃の長さ12.5cm)が滑り落ち、車外でしゃがんで作業していた自身の左肩に偶然ハサミが刺さって負傷した。薄手の半袖Tシャツを着用していたが、貫通した。当日そのまますぐに病院を受診した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出                                                                                                                 
  • 療養(補償)給付たる療養の療養を受ける指定病院等(変更)届を医療機関を経由して提出(転院のため)

一人親方の労災保険に加入して8か月目の事故