材料を持ったままコンクリートの地面に落下して負傷したケース
  【一人親方の労災事故】

労災概要

材料を持ったままコンクリートの地面に落下して負傷したケース

職種

大工工事

労災発生状況

令和2年9月18日午前8時頃、マンションギャラリーにて、工務店から請け負った大工工事にて、これから使用するLV材1束(1束10本・長さ約3m・総重量約15㎏)を右脇に抱えながら両手で持って1階建物内へ搬入中、照明が無く暗かったこともあり、搬入部屋の奥半分程の床が無かったことに気付かず、そのまま足を踏み出してしまい、材料を持ったまま約1m下のコンクリート地面に体左側から落下したと思われ、特に左肩を負傷した。作業を中断し病院を受診した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出  
  • 休業(補償)給付支給請求書を提出

一人親方の労災保険に加入して1年5か月目の事故