鉄枠の四角い金具(2~3cm四方)が頭部に当たり負傷したケース
  【一人親方の労災事故】

労災概要

鉄枠の四角い金具(2~3cm四方)が頭部に当たり負傷したケース

職種

仮設工事

労災発生状況

令和2年9月5日午後14時30分頃、運送会社配送センター内にて、同社から請け負った当日の仮設工事における建方・解体作業を終え、トラックから荷下ろし作業をしていた。当日は、朝5時30分に自宅を出発し、4現場の建方作業と、3現場の解体作業を行い、最終現場を12時頃出発し、14時頃に配送センターに到着して荷下ろし作業をしていた。トラックの荷台前方に積んであるトイレフェンス(1.5m×2m 重さ約10kg)を2枚引き抜いて下ろそうとしたところ、組になっていたもう1枚のトイレフェンスが後から落下して、鉄枠の四角い金具(2~3cm四方)が頭部に当たり負傷。ヘルメットはしていたが、ずれて頭部に直接当たってしまった。作業を中断し、すぐに病院を受診した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出  
  • 療養(補償)給付たる療養の療養を受ける指定病院等(変更)届を医療機関を経由して提出(転院のため)
  • 休業(補償)給付支給請求書を提出

一人親方の労災保険に加入して5か月目の事故