約2.4mの高さから1階床まで落下して負傷したケース
  【一人親方の労災事故】

労災概要

約2.4mの高さから1階床まで落下して負傷したケース

職種

大工工事

労災発生状況

令和2年8月1日14時頃、建設会社から請け負ったA氏邸の2x4工法の建物において、現場加工の手組みによる建て方作業中に1階壁パネルの上部で2階床パネルの部材(大きさ:38mm×235mm、長さ:3m、重さ:25㎏)をダブルに合わせた材料1本を運搬していたところ、誤って未固定だったつっかえ棒に足をかけてしまい、約2.4mの高さから1階床まで落下。落下中に体勢を取り直そうとした際に肩を強打して足から着地。左肩、右脚、胸を負傷した。作業は中断して病院を受診した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出  
  • 療養(補償)給付たる療養の療養を受ける指定病院等(変更)届を医療機関を経由して提出(転院のため) 
  • 療養(補償)給付たる療養の費用請求書(装具装着)を提出
  • 休業(補償)給付支給請求書を提出

一人親方の労災保険に加入して6年3か月目の事故