作業中に気分が悪くなったケース
  【一人親方の労災事故】

労災概要

作業中に気分が悪くなったケース

職種

塗装工事

労災発生状況

令和2年8月26日午前10時50分頃、駅前再開発にて、建設会社から請け負った塗装工事をする為、朝5時30分に起床し、6時頃家を出て現場に向かい7時30分頃到着。8時から作業を開始した。(服装:綿の半袖にアームウォーマー1枚、その上に空調服・綿の長ズボン・安全靴・ヘルメット)作業開始後からこまめに500ml分の補給をしながら休憩を取っていたが、当日の天気は晴れ、33階建てのビルの4階のバルコニーでの作業のため、体感温度は高かった。10時からの休憩後、作業を開始して間もなく、指先のしびれ、吐き気、めまいがして気持ち悪くなったため、作業を中断し、病院を受診した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出    

一人親方の労災保険に加入して2年2か月目の事故