右手の薬指に木片が刺さり負傷したケース
  【一人親方の労災事故】

労災概要

右手の薬指に木片が刺さり負傷したケース

職種

大工工事

労災発生状況

令和2年8月18日午前9時頃、工場内にて店舗新築工事の、8月28日からの大工工事の準備の為、柱や梁の加工・仮組み作業として、昇降盤で木板(4cm×3m  重さ約1kg)を細く割る加工をしていた。卓上の盤の上で木板を動かしていたところ、刃と当て板の間の加工材が回転の摩擦で飛んできて、材料を抑えていた右手の薬指に木片(長さ10cm×太さ5mm×1本、長さ2cm×太さ5mm×2本)が刺さり負傷した。手袋はしていなかった。作業を中断し、すぐに救急車で搬送された。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出    
  • 療養(補償)給付たる療養の療養を受ける指定病院等(変更)届を医療機関を経由して提出(転院のため)

一人親方の労災保険に加入して1か月目の事故