当然右膝に激痛が走り負傷したケース
  【一人親方の労災事故】

労災概要

当然右膝に激痛が走り負傷したケース

職種

電気・通信工事

労災発生状況

令和2年7月29日午前2時30分頃、光ケーブル新設工事にて、建設会社から請け負った電気・通信工事での光ケーブル敷設作業として、午前0時30分からコンクリートケーブルトラフ内に光ケーブル(直径約25mm・総延長約700m・重さ約1t)を通線するため、座った状態で右足をトラフに押し付け踏ん張り、上半身を後ろに倒すように光ケーブルを引いていたため右足に負荷がかかり2時間程続けたところで突然右膝に激痛が走り負傷した。当日は痛みをこらえながら作業終了まで作業をして帰宅。市販の湿布薬・鎮痛薬を使って自宅療養していた。翌日は安静に過ごし、翌々日以降作業を続けていたが痛みが増したため8月11日病院を受診した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出

一人親方の労災保険に加入して3年1か月目の事故