丸鋸で右手人差し指を負傷したケース
  【一人親方の労災事故】

労災概要

丸鋸で右手人差し指を負傷したケース

職種

建築工事、内装・内装仕上工事

労災発生状況

令和2年8月6日午前11時頃、某協会にて建設会社から請け負った建築工事の際、内外装作業で使用する角材(30mm×40mm・長さ約40㎝)をスライド丸鋸(据置型・高さ約50㎝・刃直径約16.5㎝)で切断後、電源を切ってから、刃の下方にある切り終えた角材を取ろうと右手(手袋着用)を出した瞬間、惰性回転していた刃に触れてしまい、右手人差し指を負傷した。作業を中断してすぐに病院を受診した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出
  • 療養(補償)給付たる療養の療養を受ける指定病院等(変更)届を医療機関を経由して提出(転院のため)

一人親方の労災保険に加入して4年2か月目の事故