分電盤とコンクリート地面の間に右手薬指を挟み負傷したケース
  【一人親方の労災事故】

労災概要

分電盤とコンクリート地面の間に右手薬指を挟み負傷したケース

職種

空調・消防設備工事、住宅設備工事、電気・通信工事

労災発生状況

令和2年7月15日午前10時45分頃、ビルの空調機械室にて、空調会社から請け負った電気工事の際、分電盤加工のため、縦向きに置かれた分電盤(大きさ300mm×600mm×2100mm・重さ約150㎏)を横向きにしようと、台車の上へ、斜めに倒し始めたが、台車だけが前方に進んでしまい、あまりの重さに手で支えきれなくなり、右手を抜くタイミングが遅れ、分電盤とコンクリート地面の間に右手薬指を挟み負傷した。作業を中断してすぐに病院を受診した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出

一人親方の労災保険に加入して1年3か月目の事故