脚立の天板から落下して負傷したケース
  【一人親方の労災事故】

労災概要

脚立の天板から落下して負傷したケース

職種

外壁・サイディング工事

労災発生状況

令和2年5月30日午後16時頃、中古マンションにて、建設会社から請け負ったサイディング工事の際、4段脚立の天板(高さ約1.5m・天板サイズ約400mm×200mm)に立ち、見上げながら玄関の壁にサイディングボード(重さ約30㎏・大きさ450mm×1900mm)を取付作業中、バランスを崩し天板から落下し、右足から砂利地面に着地後、右側へ転倒した。特に負荷がかかった右足首を負傷した。作業を中断して帰宅後、市販の湿布薬・鎮痛薬を使って自宅療養していたが、痛みが増したため6月1日病院を受診した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出
  • 療養(補償)給付たる療養の費用請求書(はり・きゅう)を提出
  • 休業(補償)給付支給請求書を提出

一人親方の労災保険に加入して1年7か月目の事故