ベビーサンダーの刃が当たり負傷した負傷したケース
  【一人親方の労災事故】

労災概要

ベビーサンダーの刃が当たり負傷した負傷したケース

職種

建築工事、リフォーム工事

労災発生状況

令和2年5月8日午後14時頃、計画新築工事にて、工務店から請け負った建築工事の際、屋上のドレンを設置するために開口を開ける作業をしていた。その際にALC止め金具(5cm角、約20g、t-5mm)をベビーサンダー(刃の直径100mm)で切っている時に、右手に持っていたベビーサンダーが止め金具に引っ掛かり、跳ねて左腕(手首から肘の間)に刃が当たり負傷した。作業を中断してすぐに病院を受診した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出

一人親方の労災保険に加入して5か月目の事故