脚立から落下して体右側を強打し負傷したケース
  【一人親方の労災事故】

労災概要

脚立から落下して体右側を強打し負傷したケース

職種

管(配管)・ダクト工事、空調・消防設備工事、電気・通信工事

労災発生状況

令和2年5月2日午後15時頃、A氏邸にて、空調設備会社から請け負った空調設備工事の際、6脚脚立の下から5段目(高さ約1.5m)に立ちまたがり、敷地内に止めていた車上(ハイエース)のキャリアに積んでいた冷媒配管(長さ約4m×2本、総重量約12kg)を降ろそうとした瞬間バランスを崩し、コンクリート地面に体右側から落下。咄嗟に右手を出したが体重を支えられず体右側を強打し負傷した。当日は作業を中断して帰宅。自宅療養をしていたが痛み・腫れが増したため5月4日病院を受診した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出
  • 療養(補償)給付たる療養の費用請求書(証明代)を提出
  • 休業(補償)給付支給請求書を提出
  • 障害(補償)給付支給請求書を提出

一人親方の労災保険に加入して6か月目の事故