脚立からフローリング床に落下して負傷したケース
【一人親方の労災事故】

労災概要

脚立からフローリング床に落下して負傷したケース

職種

大工工事

労災発生状況

令和2年3月6日午後17時頃、建設会社のビル新築工事にて、同社から請け負った大工工事の際、1階リビングにて3段脚立と3段脚立の上段部分に足場板(長さ約200㎝×幅約20㎝を2枚重ねて使用、床からの高さ約90㎝)を渡し、右手にビス打ち機を持ち、上部を見上げ、左手で天井ボードを固定具で固定しながら貼付け作業中、誤ってバランスを崩し左足からフローリング床に落下。左足に負荷がかかり左足踵を負傷した。作業を中断して帰宅後、自宅療養していたが、痛み・腫れが増したため翌日病院を受診した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出
  • 休業(補償)給付支給請求書を提出

一人親方の労災保険に加入して1年6か月目の事故