足場から一段下の足場に落下して負傷したケース
【一人親方の労災事故】

労災概要

足場から一段下の足場に落下して負傷したケース

職種

解体工事、建築工事、塗装工事、土木工事

労災発生状況

令和元年12月28日10時頃、塗装会社から請け負ったA氏邸の外壁塗装工事において、4段の足場を組み、下から3段目の足場で外壁の塗り替え作業をするためにサッシに付いていた養生シートを剥がし、同時に仕上がりを確認しながら足場上を移動していたところ、足元をよく見ていなかったために足場がなくなっているところに気が付かず、下から2段目の足場上に顔、左肩、背中、首を打ち付け、更にもう一段下の足場に落下。(約2m落下)鼻下を切るなど負傷した。すぐに作業を中断し病院を受診した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出
  • 療養(補償)給付たる療養の療養を受ける指定病院等(変更)届を医療機関を経由して提出(転院のため)
  • 休業(補償)給付支給請求書を提出

一人親方の労災保険に加入して8か月目の事故