右手人差し指がカッターの刃にあたり負傷したケース
【一人親方の労災事故】

労災概要

右手人差し指がカッターの刃にあたり負傷したケース

職種

塗装工事

労災発生状況

令和1年12月2日午後16時頃、塗装会社から請け負った、橋梁工事で使用する構造物塗装工事の際、工場にて、右手にカッター(長さ約20cm・刃約5cm出して使用)を持ち、しゃがんで横移動しながら外側面塗装作業前の養生テープ貼付作業をしていたところ、誤ってカッターが床面に接触してしまい、身体が前のめりになった瞬間右手人差し指がカッターの刃にあたり負傷した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出

一人親方の労災保険に加入して5か月目の事故