金物を建物内に運んでいる時に腰に激痛が走ったケース
【一人親方の労災事故】

労災概要

金物を建物内に運んでいる時に腰に激痛が走ったケース

職種

大工工事

労災発生状況

令和元年10月9日、建設会社から請け負ったA氏邸の大工工事において上棟作業の為、8時から外に置いてある柱や梁の構造材(5~30㎏)や1箱約15㎏の金物を建物内に運び、組立、取り付けなどの作業を繰り返し行なっていた。運ぶ際、少しずつ腰の痛みを感じ始め、運び込む作業の中で一番重い約30㎏の材料を7回目くらいを運び終えた16時頃、腰に激痛が走った。仕事を休むことができずに腰の痛みに耐えながら仕事を続け、10/17に病院を受診したところ第三腰椎骨折と診断された。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出
  • 療養(補償)給付たる療養の費用請求書(装具装着)を提出
  • 休業(補償)給付支給請求書を提出

一人親方の労災保険に加入して1か月目の事故