足場より踏み外して転落して負傷したケース
【一人親方の労災事故】

労災概要

足場より踏み外して転落して負傷したケース

職種

塗装工事、板金工事、屋根工事、リフォーム工事

労災発生状況

令和1年10月5日午後17時頃、A氏邸にて、ハウスメーカーから請け負った屋根板金葺き替え工事にて、屋根上での唐草板金取付後、片付け作業中、2段目鋼製足場板(高さ約3.5m)から下へ降りようと、足場板間にあるブラケット(太さ約43パイ・長さ約600㎜)に足を乗せたが踏み外してしまい、左脇を銅板屋根・右肘を手すりに当てながら1段目鋼製足場板(高さ約1.5m)に落下した。落下の際、右足脛が足場柱の爪(約30㎜×40㎜の長方形)にあたり負傷した。痛みをこらえながら作業終了まで作業をして当日病院を受診した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出

一人親方の労災保険に加入して5か月目の事故