鉄板と鉄筋カゴの間に右手小指を挟んでしまい負傷したケース
【一人親方の労災事故】

労災概要

鉄板と鉄筋カゴの間に右手小指を挟んでしまい負傷したケース

職種

鉄筋工事

労災発生状況

令和元年8月6日、建設会社より請け負った新築マンションにおける鉄筋工事において、同社の作業所において鉄筋カゴ(カゴ長さ7メートル、直径1.1メートル、重さ約2.5トン)を組み立て中に、鉄筋カゴを作業場所から仮置き場所に転がして移動していた。その時に、鉄筋カゴに手袋が引っ掛かり、そのまま鉄筋カゴが転がってしまい、近くに置いてあった鉄板と鉄筋カゴの間に右手小指を挟んでしまい負傷した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出
  • 休業(補償)給付支給請求書を提出

一人親方の労災保険に加入して10か月目の事故