うつ伏せに落下して全身を強打し負傷したケース
【一人親方の労災事故】

労災概要

うつ伏せに落下して全身を強打し負傷したケース

職種

管(配管)・ダクト工事、空調・消防設備工事

労災発生状況

令和1年7月11日午前9時頃、A氏邸にて、建設会社から請け負った空調設備工事でのエアコン取付作業の際、2階ベランダに室外機を設置後、配管つなぎ作業をするため、ベランダ近くの外壁に立てかけた梯子(アルミ製・全長約7m・幅約35cm)にのぼり、高さ約4mの位置で少し身を乗り出しながら作業をしていたところバランスを崩し梯子ごとコンクリート舗装地面にうつ伏せに落下。全身を強打し負傷した。作業は中断しそのまま救急搬送された。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出
  • 休業(補償)給付支給請求書を提出

一人親方の労災保険に加入して3年4ヵ月目の事故