型枠上に転倒して負傷したケース
【一人親方の労災事故】

労災概要

型枠上に転倒して負傷したケース

職種

土木工事

労災発生状況

平成31年4月12日午後17時頃、A氏邸にて、建設会社から請け負った土木工事でのコンクリート打設作業後、型枠に付いたコンクリートを水を含んだブラシで掃除してから、型枠(幅約170㎜・高さ約1m)の上に乗り、レベラーを流し込み、移動しながら作業していた際、型枠が濡れていたため左足を滑らせ、型枠上に転倒してしまい左胸を強打し負傷。さらに左側に転落するのを押さえようと咄嗟に左手をついた瞬間、型枠下部の振れ止めに打っていた釘(長さ約65㎜・太さ3.05㎜・釘頭約7.3㎜)の頭が左手甲に刺さりに負傷した。当日は作業を中断して病院を受診した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出
  • 休業(補償)給付支給請求書を提出

一人親方の労災保険に加入して2年目の事故