右手をクレーンのワイヤーに巻き上げられ負傷したケース
【一人親方の労災事故】

労災概要

右手をクレーンのワイヤーに巻き上げられ負傷したケース

職種

大工工事

労災発生状況

平成31年4月4日9時頃、工務店から請け負った型枠工事において、共同住宅新築工事の玉掛け作業中、荷物を揚重して特定の場所に下した後、巻き上げ合図を行なった直後に風でワイヤーが流れて足場に引っ掛かりそうになったため、右手でワイヤーを交わそうとしたところクレーンの巻き上げが早く、右手をワイヤーに巻き上げられ負傷した。当日の作業は中断し救急搬送された。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出
  • 療養(補償)給付たる療養の療養を受ける指定病院等(変更)届を医療機関を経由して提出(転院のため)
  • 休業(補償)給付支給請求書を提出

一人親方の労災保険に加入して2年10ヵ月目の事故