脚立を利用した足場台から転落して負傷したケース
【一人親方の労災事故】

労災概要

脚立を利用した足場台から転落して負傷したケース

職種

内装・内装仕上工事

労災発生状況

平成31年2月13日11時頃、内装会社から請け負った内装工事において、保育園の室内の壁に石膏ボードを貼るため、6尺脚立を2台置き、それぞれの脚立の上から2段目に足場板を流して、その上で作業をしていたところ左足を踏み外して約1m20㎝の高さから転落。左腕と左足太ももの横あたりを床にぶつけて負傷した。すぐに作業を中断して病院を受診した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出
  • 療養(補償)給付たる療養の療養を受ける指定病院等(変更)届を医療機関を経由して提出(転院のため)

一人親方の労災保険に加入して2年4ヵ月目の事故