ビットが右足甲(安全靴着用)にあたり負傷したケース
【一人親方の労災事故】

労災概要

ビットが右足甲(安全靴着用)にあたり負傷したケース

職種

解体工事、土木工事、金物工事、大工工事、とび工事

労災発生状況

平成31年1月22日16時頃、A氏邸にて、同所有者直接から請け負ったコンクリート解体工事にて、鑿岩機(全長約80㎝・重さ約22㎏)を使ってコンクリート土間部分を解体中、鑿岩機の振動により、誤ってビット(直径約3㎝)が右足甲(安全靴着用)にあたり負傷した。作業を中断してすぐに病院を受診した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出
  • 療養(補償)給付たる療養の費用請求書(装具装着)を提出
  • 休業(補償)給付支給請求書を提出

一人親方の労災保険に加入して1年11ヵ月目の事故