スレートを踏み抜いて転落して死亡したケース
【一人親方の労災事故】

労災概要

スレートを踏み抜いて転落して死亡したケース

職種

板金工事

労災発生状況

平成31年1月19日、建設会社より請け負った工場の屋根スレート塞ぎ工事において、午前11時ごろ平屋建て工場の屋根の上(高さ:約7メートル)で作業中にスレートをボルト固定する鉄骨下地の上を歩行中にスレートを踏み抜いて転落して死亡した。

労災保険の申請

  • 遺族(補償)給付支給請求書を提出

一人親方の労災保険に加入して1年1ヵ月目の事故