鉄筋と配置済みの鉄筋との間に指を挟み負傷したケース
【一人親方の労災事故】

労災概要

鉄筋と配置済みの鉄筋との間に指を挟み負傷したケース

職種

鉄筋工事

労災発生状況

平成31年1月5日午後20時頃、ホテル新築工事にて、鉄筋業者から請け負った鉄筋工事での7F梁配筋作業を2人前後に分かれ、鉄筋(D35・長さ6m・重さ約45㎏)を両手で持ち作業中、配置所定位置に鉄筋を下ろそうとしたところ、前方作業員が先に鉄筋を下ろしたためタイミングがずれてしまい、重さに耐えきれず鉄筋を両手で持ったまま落とした瞬間、持っていた鉄筋と配置済みの鉄筋との間に指を挟み、左手中指(手袋着用)を負傷した。作業を中断してすぐに病院を受診した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出

一人親方の労災保険に加入して7ヵ月目の事故