脱輪した台車の下に足を挟まれ負傷したケース
【一人親方の労災事故】

労災概要

脱輪した台車の下に足を挟まれ負傷したケース

職種

足場工事、塗装工事、住宅補修工事・住宅改修工事、リフォーム工事

労災発生状況

平成30年11月26日14時30分頃、元請会社から請け負った市庁舎の足場鳶工事において、地下免震ピットで重量ジャッキ(約270㎏)を台車に乗せて運搬中、高低差(約28㎝)があるところで下段のアップ台車から上段のアップ台車へレールを置き、ジャッキを前方に押して移動させようとしたところ、上段のアップ台車のストッパーのかけ忘れ、もしくは後輪が浮き上がってしまったことにより、ストッパー機能が働かずに台車が動き出し前輪が脱輪。脱輪した台車の下に足を挟まれ負傷した。作業を中断し病院を受診した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出

一人親方の労災保険に加入して2ヵ月目の事故