地面に足から転落して負傷したケース
 【一人親方の労災事故】

労災概要

地面に足から転落して負傷したケース

職種

建築工事、土木工事

労災発生状況

平成30年11月17日11時頃、元請会社から請け負ったA氏邸新築工事の建築工事において、上棟材の荷揚げ作業のため、上棟材を積んだトラックの荷台で上棟材の上に乗り、現場の2階足場に向かって床材1枚(約1,800㎜×900㎜ 厚さ24㎜、重さ8~10㎏)を差し上げをしていたところ、荷台の上棟材の窪みに足を取られ、持っていた床材が重みで煽られ手・指・手首に痛みを感じ耐えられず、更に危険を感じたため地面に床材を落としたところ、反動によりバランスを崩し約2m10㎝の高さから地面に足から転落。その衝撃で両足首・右足踵を痛め、その負荷で転倒し左肘・両手首・右手親指を負傷した。当日は痛みをこらえて作業を終了し、翌日は痛みと腫れがあり休業。11/19に病院を受診した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出
  • 療養(補償)給付たる療養の療養を受ける指定病院等(変更)届を医療機関を経由して提出(転院のため)
  • 休業(補償)給付支給請求書を提出

一人親方の労災保険に加入して5ヵ月目の事故