手を鉄骨と地面の砂利に挟まれ負傷したケース
 【一人親方の労災事故】

労災概要

手を鉄骨と地面の砂利に挟まれ負傷したケース

職種

水道工事、タイル・レンガ・ブロック工事、リフォーム工事

労災発生状況

平成30年11月11日別の請負現場作業から帰宅し、雑貨商店から直接請け負った同社工場敷地内の洗濯機、流し周りの水道配管工事を翌日に行なうため、19時頃から自宅作業場で配管を固定する鉄骨加工作業をしていた。鉄骨を切断中に固定が甘かったため作業台から鉄骨が落下。咄嗟に手で掴もうとしたところ、手のひら側を鉄骨に挟まれ、手の甲側を地面の砂利に打ち付けてしまったことにより、右手人差し指を裂傷、腱断裂、関節を負傷した。当日は自身で止血をして一晩様子をみて翌日病院を受診した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出
  • 療養(補償)給付たる療養の療養を受ける指定病院等(変更)届を医療機関を経由して提出(転院のため)
  • 休業(補償)給付支給請求書を提出

一人親方の労災保険に加入して7ヵ月目の事故