背中から太ももにかけて痛みが走り負傷したケース
 【一人親方の労災事故】

労災概要

背中から太ももにかけて痛みが走り負傷したケース

職種

大工工事

労災発生状況

平成30年10月30日午後14時頃、A氏邸にて、元請会社から請け負った大工工事での屋根張替作業として、粘土が入った土嚢を材料仮置き場から屋根へと1袋(重さ約10㎏)ずつ運び入れるため、1人で土嚢を持ち上げた瞬間、背中から太ももにかけて痛みが走り負傷した。痛みをこらえながら当日は作業終了時間まで作業をしてから当日病院を受診した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出
  • 療養(補償)給付たる療養の療養を受ける指定病院等(変更)届を医療機関を経由して提出(転院のため)
  • 休業(補償)給付支給請求書を提出

一人親方の労災保険に加入して2ヵ月目の事故