右足の踵に強い負荷がかかり負傷したケース
 【一人親方の労災事故】

労災概要

右足の踵に強い負荷がかかり負傷したケース

職種

熱絶縁工事

労災発生状況

平成30年9月11日11時30分頃、大学新築工事にて、元請会社から請け負った熱絶縁工事での断熱ウレタン吹付作業のため、立ち馬(高さ約1.5m・天板サイズ縦約1.5m×横約0.5m)に立ち、天板上を横移動しながら天井の養生作業中、立ち馬の脚位置が少しずつズレてしまったことにより、コンクリート床面に開いていたスリーブ穴(約20×50㎝)に脚がはまり、立ち馬が傾いたため飛び降りたが、着地した右足の踵に強い負荷がかかり負傷した。作業を中断してすぐに病院を受診した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出
  • 休業(補償)給付支給請求書を提出

一人親方の労災保険に加入して1年7ヵ月目の事故