腰からコンクリート地面に転落し負傷したケース
 【一人親方の労災事故】

労災概要

腰からコンクリート地面に転落し負傷したケース

職種

住宅設備工事、水道工事

労災発生状況

平成30年9月10日11時頃、市街地再開発事業にて、元請会社から請け負った住宅設備工事での排水管の立管の配管作業を立馬(高さ約1.1m・天板のサイズ40×40㎝)に立って行っていた。その場所での作業を終え立ち馬から降りる際、誤って梯子のない面からの降りようと足を踏み出してしまい、腰からコンクリート地面に転落し腰を負傷、同時に左手をコンクリート地面に強く打ち付けてしまい左手手首も負傷した。作業を中断してすぐに病院を受診した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出
  • 療養(補償)給付たる療養の療養を受ける指定病院等(変更)届を医療機関を経由して提出(転院のため)
  • 休業(補償)給付支給請求書を提出

一人親方の労災保険に加入して3ヵ月目の事故