冊ん(敷居)の段差につまづき転倒して負傷をしたケース
 【一人親方の労災事故】

労災概要

冊ん(敷居)の段差につまづき転倒して負傷をしたケース

職種

塗装工事

労災発生状況

平成30年8月2日、元請会社より請け負ったアパートの601号室の塗装工事において、午前11時頃部屋の一角の道具を置いてある所へ脚立を置きに行く際に冊ん(敷居)の段差(高さ:2cm程度)につまづき転倒した。その際、床に鎖骨を強打して負傷した。

労災保険の申請

  • 療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出
  • 休業(補償)給付支給請求書を提出

一人親方の労災保険に加入して4ヵ月目の事故