エレベーターと資材の間に左手の甲を挟まれ負傷したケース
【一人親方の労災事故】

労災概要

エレベーターと資材の間に左手の甲を挟まれ負傷したケース

職種

美装工事

労災発生状況

平成29年10月20日、元請会社より請け負った大学開校100周年記念棟の床や壁などの美装工事において台車に資材(約300kg)を載せて搬入用エレベーターを使用して搬入作業をしていたところ、午後1時40分頃エレベーター入口と床の段差により台車上の資材が崩れようとしたのを手で押さえた際、エレベーターと資材の間に左手の甲を挟まれ負傷した。

労災保険の申請

  •  療養(補償)給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出

一人親方の労災保険に加入して2か月目の事故