ヘルメットに溜まっていたコンクリート片が 一気に顔に落ち、その中の1つが右目に入り負傷したケース

労災概要

ヘルメットに溜まっていたコンクリート片が 一気に顔に落ち、その中の1つが右目に入り負傷したケース

職種

金物工事

労災発生状況

平成29年〇月〇日11時頃、元請会社より請負った金物工事において、工事現場の1階から2階スラブ下まで防火区画のため、軽鉄下地を上げる必要があり、上部デッキをガスで切断し撤去する作業をしていた。作業車で下に降りた際、次に切断する箇所を確認しようと上を向いた時に ヘルメットに溜まっていたコンクリート片が 一気に顔に落ち、その中の1つが右目に入り負傷した。

労災保険の申請

  • 療養補償給付たる療養の給付申請書を医療機関を経由して提出

一人親方の労災保険に加入して4か月目の事故