東北支部のご紹介 | 労災センター共済会

労災センター共済会 東北支部は建設業の一人親方の方を対象とした組合です。

山形県、宮城県、秋田県、福島県、新潟県に住所を有する一人親方の労災保険の特別加入を取り扱っております。加入証明書即日発行。ネットから簡単申請でき、年会費3600円で加入できます。保険料シミュレーションで適切な費用を見積もることも可能です。

労災センター共済会 東北支部

山形県、宮城県、秋田県、福島県、新潟県
所在地 山形県山形市幸町6−1 
連絡先 0120-950-151
管轄都道府県 山形県、宮城県、秋田県、福島県、新潟県
労働保険番号 06101-300011-000 

沿革

平成28年12月 山形県山形市幸町6−1を所在地として労災センター共済会 東北支部設立

平成28年12月

山形労働局へ一人親方団体としての承認を申請
平成29年1月 山形労働局から一人親方団体として正式承認
平成29年2月 一人親方労災保険の特別加入の手続きにあたり電子申請の使用を開始

特色

 労災センター共済会 東北支部は山形県、宮城県、秋田県、福島県、新潟県に住所を有する建設業の一人親方の方々を対象とした組合です。山形支部を管轄とする山形県、宮城県、秋田県、福島県、新潟県も北日本支部と同様に他の都道府県と比較して産業全体に対する建設業の占める割合が比較的大きい傾向にあります。また、多雪地域であるため除雪作業に携わる一人親方が多いのも特徴の一つです。
 一人親方の労災保険の特別加入にあたって従事する仕事内容を漏れなく届け出る必要があります。先にあげた除雪作業も請け負うことがあれば、従事する仕事内容として除雪作業も届け出なければなりません。届け出がない場合で除雪作業中に労災が起きた場合、最悪の場合労災保険の認定が却下されるという事態も予想されます。
 東北支部において他の地域にない特徴として、東日本大震災の復旧・復興のため除染作業を行う一人親方の存在があります。一人親方が業務として除染作業を行う場合、加入する一人親方団体は被ばくの線量管理をしなければなりません。

労災事故事例